自分の意見を伝えられるようになるには?〜私の場合2〜

今回は3部作になりました。しかし、そんなに長くはありませんので気軽に呼んでくださいね(((o(*゚▽゚*)o)))

 

前回まではこちら

 

emiemi.hatenadiary.jp

 

 

私は認識技術に出会ったのは本当に”たまたま”でした。

 

が、まず衝撃的だったのは、

 

「コミュニケーションはずれるもの」

 

という大前提でした。

 

だから人になんかうまく物事が伝わらないのも、部下が指示をうまく伝わらないのも、両親とうまくいかないのも、旦那がなんか理解がない気がするのも、etc、、、、ぜ〜〜〜〜〜んぶ、「仕方がない」のです。

 

だって、そもそもコミュニケーションはずれるものだから。

 

なぜか、人間はコミュニケーションをするときに「自分の伝えたいことは伝わるもんだ」という大前提を持ってコミュニケーションします。

 

そうではありませんか??

 

でも、

 

残念ながら、コミュニケーションはずれるもの!なんです。

 

 

例えば、職場ではこんなことがありそうですよね。

 

 

A(今日は朝からなんかお腹が痛いなぁ、、、、でも大事なアポも何件かあるし頑張ろう)

 

上司「おいA!この資料を午前中に作っておいてくれ!」

 

A「はい、わかりました。。。。」

心の声(まだお腹痛いし、アポもある中でできるかなぁ。でもなんとか頑張らなきゃ!)

 

上司「おい!なんだその返事は!?やる気がないのか?やる気がないならもう知らん!」

 

A(怒られてしまった、自分は何をやってもうまくいかないなぁ)

 

 

これは極端な例かもしれませんが、

皆さんも、口に出す言葉と心の声が違ってたりするようなことはありませんか?

 

そして、受け取る側も、自分のイメージ体系によって受け取ってしまいます。

 

もし上司が今までに具合が悪い部下の対応をしたことがあったりすれば、この時も「もしかしたら具合が悪いのか?」と想像をめぐらすことができたかもしれません。もしくは、この時、上司は朝奥さんと喧嘩をしてそもそも機嫌が悪かったから部下に当たってしまったのかもしれません。

 

このように、コミュニケーションは、その人のイメージ体系、経験、知識、環境、など本当に多くの要素が関係しています。なので、相手に100%物事を伝えるのは、とても難しいことなのです。

 

 

では、どうすればいいのか。

 

私は、「無意識エンジン発見セッション」をオススメします。

人間は、自分の環境や経験によって蓄積された「判断基準」によって物事を判断し、それによって構築されてイメージ体系によって現実世界を過ごしています。

その、「自分の判断基準が何なのか」を見つけて言語化することができます。

 

これによって、私は、友達と喧嘩をした時に自分の中で何が起こっていたのか理解することができました。

 

なるほど!そういうことだったのか!と。

 

そしたら、どうなるのか。

 

 

まず、どうしたらいいんだろう、と、悩まなくなります。

 

更には、相手のことが理解できるようになります。

 

相手と今までとは違ったコミュニケーションが取れるようになります(o^^o)

そうなると、人とお話しするのが楽しくて仕方なくなりますね♪

 

 

さて、長くとりとめなく書いてしまいましたが、この辺りで。

 

読んでいただいてありがとうございました!

自分の意見を伝えられるようになるには?〜私の場合〜

前回はNohJesu氏のコラムを紹介させていただきました。

 

emiemi.hatenadiary.jp

 

 

私、これに近いようなことでだいぶ悩んだことがあります。

 

もう5年ほど前になりますが、友人と大げんかをしてしまいました。

 

私が良かれと思ってしたことが、彼女としては納得がいかず、「なんでそんなことをしたんだ」と責め立てられてしまいました。

彼女はとても賢いし、日頃から喋りだしたら止まらないこともあって、すごい勢いでまくしたててきました。

 

でもその時、私は自分の中で何が起こっているのか全くわからなかったのです。

私には私の言い分があったので、そんな一方的に言われて怒りたいのか。

こんなにひどいことを言われて悲しいのか。

確かに私が悪いので謝りたいのか。

 

何も出てこなかったんですよね〜。

 

 

そもそも、私は「自分は八方美人なのではないか?」と悩んだこともありました。

 

あっちの人にもこっちの人にも、誰にでもいい顔をしているようで結局は自分が可愛いだけなんじゃないか?とか(o^^o)

 

 

そして、この、友達と喧嘩という出来事があって、自分のことがよくわかんなくなってしまいました。

 

 

それから、カウンセリングでも受けようかと真剣に悩んで、友達に相談したりもしましたね。

 

そんなタイミングで出会ったのが認識技術でした。

 

なんかキリがいいので、続きは次のブログで書こうと思います(o^^o)

自分の意見を伝えられるようになるためには(NohJesu氏のメルマガより)

こんにちは!

だんだん寒くなってきましたね。私はやっとこさ衣替えをしましたがなんかイマイチ何を着ていいのかがわからず、外に出ると寒かったり暑かったり(笑)

風邪をひかないようにしようと思います。

 

さて、NohJesu氏のコラムでまた共感できる内容があったので紹介です。

こんな悩みも日本人には多いうのかもしれません。私もこれで悩んだことがありました。その話は、次のブログで書いてみたいと思います(o^^o)

 

 

■■コラム 自分の意見を伝えられるようになるには?

先日、自分が言いたいことを
うまく伝えられないという
30代の女性にお会いしました。

正確に言うと、言いたいことが
あるのかどうかもわからないそうで、
基本的に自分の意見がよくわからないそうです。

彼女は子供の頃、母親を助けなければ
ならない家庭環境で必死に生きてきたそうで
自分が何をしたいなどと考えたこともないそうです。

でもこのままで人生を終えるのは嫌なので
しっかりと自分の意見を伝えられるようになりたい。

その悩みを解決するために人に相談したり、
色んなセミナーに行ったりしていますが、
一向に解決策は見つからないそうです。

というのも、誰かの意見を聞いていると
その人の意見が全部良いように思えてしまい
結局、誰の意見を信じて良いのか
わからなくなってしまい、
自分の意見がないことにいつも気づくそうです。

では、
どうしたら自分の意見をしっかりと持ち、
伝えられるようになるのでしょうか?

それはまず、この現実世界では、
自分の意見を伝えられなくて
当然だということを知る必要があります。

映画で例えるならば、人間は一人ひとり、
自分が見たい映画を好き勝手に上映しているようなものです。

そして生まれてから一度も
上映中の映画の外に出たことがありません。

人間一人ひとりが、それぞれ
好き勝手に上映している映画の中に
閉じ込められている状態であるのに、
お互いの意見を伝え合うことなど、できるはずはありません。

まずは映画の外、スクリーンの外、
人間5感覚脳の観点の外に出る必要があります。

映画の中の基準点ではなく、
映画の外に出たオールゼロ化した基準点から
この現実世界をみる必要があります。

つまり、観点の外の基準点から
本来の自分の意見を伝えない限りは、
実は夢の中で寝言を言っているのと
何ら変わりはない状況なのです。

観点の外に出て、
夢から目覚めた状態になることで、
本来の自分の意見を持つことができますし、
目の前の人に意思を伝達することも可能になります。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。

部屋を片付けるためには(NohJesu氏のメルマガより)

 みなさん、こんにちは!

 

今日は、いつも私が悩んでいたことに関してのコラムを見つけました!!

 

部屋の片付けがなかなかできない方は多いのではないでしょうか?

 

実は、こんな解析ができるそうですよ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

■■コラム 部屋を片付けられない〜スッキリした生き方をするために必要なこと

部屋をなかなか片付けられないという
30代の男性にお会いしました。

いつもスッキリ綺麗な部屋で気持ちよく
生活するのが理想だと思っていても
彼いわく、部屋を綺麗にするのは、
誰かお客さんがくるときくらいで、
普段は何もせずにモノが散らかっているそうです。

彼の話を聞いていると、スッキリしないのは
部屋だけではない様子でした。

彼には彼女がいるし、
プライベートもそれなりに楽しく、
仕事だってもう長く慣れているので、
別に苦というわけではないけど、
普段から何かスッキリしないそうです。

スカッとした気分になりたくて、仕事帰りや
休みのときにジムやボルダリングに行って
リフレッシュするそうですが、
気分がよくなるのはその時だけで、
また普段のスッキリしない状態にすぐ戻ってしまう。

そんな彼の心境が、部屋の状態にも
反映されているように思えました。

学生時代はサッカーに打ち込んで
熱くなったり仲間とワイワイするのが楽しかったそうです。

本当は熱くなって燃えあがりたい。

そんな気持ちもあるそうですが、
別に今の現状に困っているわけではないので
なかなか思い切った行動に移すことはできない。

世の中には、似たような方は多くいらっしゃいます。

では、
彼やそのような人たちの共通点は何でしょうか?

人間には何かひとつのことに熱中したい欲望があります。

それはひとつの動きからみれば簡単にわかることです。

本当は思い切って、今の現状など、
何もかも捨ててしまいたいけど、
なかなか捨てられずに、言ってみれば、
ずっと中途半端な状態のままスッキリできずにいる。

ひと言でいえばそのような人たちに必要なのは勇気です。

本当に変化を望むのであれば決断が必要です。

ひとつに繋がった世界から意思決定をすれば
自ずと迷いはなくなりますし、
自分が何をしたいのか方向性も自然に決まります。

中途半端な自分ではなく、今ここに、
スッキリ没入集中できて全体ともつながって生きる。

日本人は元々チームプレーが大好きな民族です。

ひとつにほどけて、つながったところから
チームプレーを楽しむのが
日本人が一番やりたいことなのです。

あなたの勇気と決断さえあれば、
心スッキリ、心躍る日常を創造し続ける、
そんな理想の生き方が可能になります。

その時にはきっと、いつもスッキリ最高に
綺麗な状態の心の部屋を維持していると思います。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。

健やかな赤ちゃんを育てる方法 その②

今回は前回からの続きとなります。

 

(前回記事はこちら)

emiemi.hatenadiary.jp

 

 

 

何故アカリはそんな風に生き生き楽しそうなんだろう?

 

ちょっと振り返ってみました。気持ちは名探偵コナンです(≧∇≦)

 

そして思い当たったこと。

 

 

弟夫妻です。

 

 

実際に家庭でどのような接し方をしているのかはわかりませんが、

 

少なくとも遊びに来ているときは本当に愛情たっぷりに接しています。

 

「アカリ、アカリ」と呼びかけ、夫婦間もしっかりコミュニケーションをとっています。

 

 

そして、本当に毎日のようにお嫁さんからアカリの写真や動画が送られてくるんですよね。

 

これだけたくさん送られてくるということは、それだけアカリのことを見ているということですよね。

 

 

両親の愛情をしっかり受け取っているからこそ、こんなにアカリは生き生きとのびのびと成長を遂げているのだろうと感じます。

 

 

 

そういえば、

 

20代のころ、私は自分の子どもが欲しいとは思えませんでした。

 

何故かというと、子どもを産んだところでどう育てればいいのかわからなかったのです。

 

私たちが生きている現代は、「学校の勉強を頑張っていい大学に入っていい会社に入れば、お金も地位も得られて、一生安泰に暮らせる」という時代ではありません。

 

そんな時代に子どもを産んでもどの方向に頑張れと言ってあげられるのかわからないから、その子がかわいそうだ、と思っていました。

 

 

でも、

 

初めて認識技術を学んだときに、

 

 

「子どもは、心の底からの愛情を注ぐだけ、ただ抱きしめてあげるだけ、それだけで十分なんだ」

 

ということを知りました。

 

本当に、ただただそれだけで良いのです。

 

 

それに気づいてから、自分の子どもにあうのも、将来パートナーを見つけるのも楽しみになりました( *´艸`)

 

 

それにしても、これからアカリはどんな成長をしていくのか。。。

 

楽しみでたまりませんね★

健やかな赤ちゃんを育てる方法 その①

こんにちは!少しづつ空気が秋らしくなってきました。紅葉まではもう一息というところですよね^^

 

紅葉の葉っぱは赤ちゃんの手のようだと歌詞に有ったのを思い出しました。

 

 

さて、私の可愛い可愛い姪っ子アカリも生まれて5か月という月日が経ちました。

 

毎日お嫁さんが家族のLINEに写真を送ってくれるのですが、もう可愛くて可愛くておばちゃんはメロメロです(笑)

時々しか会えませんが、会ったら放したくなくなるのですよね( *´艸`)

 

そんな可愛いアカリですが、そろそろ幼稚園の話が出てきています。

 

最近では、防犯のために、幼稚園に入れる大人が親だけだと決められていたり、お迎えの可能性があるオトナは登録の必要があったり、運動会の応援も親だけしか難しいといった具合らしいですよ。

 

そんなことを話していたときに、母がふとこんなことを言い出しました。

 

「アカリは実際の歳よりもなんか大きく見えるし、こんな生き生きした赤ちゃんあんまおらんよね!可愛くてさらいたくなる人がおるかもしれんよね!

 

 

もちろん、ババ馬鹿も入ってるとは思いますが、確かにアカリはいつも楽しそうで生き生きしてるように感じます。

 

もうそろそろ人見知りは出てくるかもしれませんが、とてもニコニコして人を見たり、逆に不機嫌な顔をしてみたい、泣いたり笑ったり、とても表情豊かです。

 

大人でも表情が豊かな人はとても魅力的に感じますよね。

でも、それができる人とできない人がいます。それは「環境」に依るところがとても大きいです。

 

もう少しアカリのことを考えてみようと思います。

癌が治る時代になる

ここ数日、世間を賑わせているのは、京都大学の本庶佑氏がノーベル賞を受賞したという話題。

 

www.sankei.com

 

本庶氏のコメントがテレビで流れていて、やっぱりこの方はすごいんだなと思いました。

 

一番すごいと思ったのは、

 

「教科書に書いてあることを信じちゃだめだということ。

 

「信じちゃだめだ」ですよ。

 

私たちは、小さい頃から教科書に書いてあることを教えてもらってきました。

ですが、結局は勉強しているのではなく、教科書に書いてることを”これが正しいんだ”と思い込んで、それを信じているだけなのですね。極端に言えばこういうことだと思います。

 

本庶氏は、教科書に書いてあることを信じず、自分で納得の行くまで追求をしたそうです。

その結果、ガンに対する新しいアプローチの仕方を発見し、今回の結果に至ったのでしょう(^-^)

 

昔の記事ですが、この抗がん剤についての記事を見つけたので、これも貼っておきましょう。

bunshun.jp

 

 

すでにあるものに、疑問の目を向ける、否定の目を向けることはとても勇気のいることです。

 

でも、素晴らしい発見も発明も進化もそこから作られるものなのかもしれませんね。

 

それから、こういった新しいものを研究する費用も少ないというコメントもありました。どこにどれだけお金を費やすべきなのか、国民としてはより有益なところに流れて欲しいものです。